HOMEフライフィッシングの基礎 > 服装について1

服装について1

フライフィッシングでは動きやすさや発汗性と通気性を考えた服装を選ぶようにしよう。また、転倒などにより服が汚れる場合にも備えて予備の物を用意しておくといい。 釣り用に作られたゴム長をウェーダーと言い、胸元に達するチェストハイ・ウェーダーや腰までを覆うウエストハイ・ウェーダー、股下までしかないないヒップブーツを川に合わせて使い分けていく。素材ま様々なので季節に合わせるといいだろう。

靴について

ウェーダーには靴がついたものとそうでない物が存在する。 靴付きの物は着脱が容易であり、靴なしの物はウェーディング・シューズと合わせて山岳渓流などでも楽に歩くことが出来る。

名前(任意)
コメント
このページに対するコメント
ページTOPへ