HOME渓流で釣る > ニンフ・フィッシングについて

ニンフ・フィッシングについて

魚が水面の虫を食べているか水中の虫を食べているかで、ドライとニンフを使い分けることが大切だ。 ニンフ・フィッシングを行うときはまずミャク釣りニンフをマーカーニンフを場合によって使い分ける必要がある。 フライはウエイテッドという重りを巻き込んだものを使用し、ドライよりはリアルにした方がよい。サイズや細さといった形状が重要で、色はあまりにもかけ離れたものでなければ大丈夫だろう。

ミャク釣りニンフとマーカーニンフ

ミャク釣りはエサ釣りに近いやり方で、流れが複雑で落差のある所や深く狭い淵などに適している。 マーカーニンフは浅瀬の、水面の直ぐ下を狙う場合に効果的だ。マーカーをドライフライだと考えるといい。

名前(任意)
コメント
このページに対するコメント
名無しのリーク 2016-12-25 13:18
香川県さぬき市ルーちゃん餃子のフジフーヅは派遣にパワハラで指切断の重傷を負わせた糞ブラック企業
名無しのリーク 2017-09-18 12:31
香川県さぬき市ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラで指切断の大けがを負わせた激烈ブラック企業。犯人は中卒社員岸下守
ページTOPへ